日本語教師

先生も間違えることがあるんだ、でもこれは・・・

こんにちは、シャトーブリアンです。

オンラインで日本語を教えています。
日本語講師になって2年半、オンライン講師になって1年です。

日本人なんで、日本語の文法とかよくわからないわけです。ネイティブはそんなこと考えてしゃべってないですもんね。

日々勉強中です。

 

先生も間違えることがあるんだ、でもこれは・・・

とある日のオンラインレッスン。

学生は中国の男性の方。
レベルは初級で、その日のテーマは「注文する、値段を聞く」という内容でした。

 

この日の文型は2つ。

「**をいくつと、**をいくつください」
「全部でいくらですか?」

 

ロールプレイ形式で会話の練習をします。
今回はお客さんと店員さんを交互に練習しました。

 

まずは商店での場面。

とてもよくできていました。
「りんごを2つをください」という、よくある間違いなんかはありましたが、会話はスムーズに進んでいく学生さんでした。

 

続いてはレストランでの場面。

「お会計お願いします」
「合計**円です」

 

「会計と合計」

似たような漢字に「どっちがどっちやったっけ?」となり戸惑う学生さん。

そういうときは画面に文字をタイプして助け舟を出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

包茎

 

 

えっっっっっ?!

ほ・う・け・い?

 

 

 

文字を見て焦って慌てて消すオイラ。

合計」と打ちたかったのに、なんとここでミスタイプ!

 

「G」と「H」の距離感よ…

 

確定ボタンを押していなかったので消すことはできました。セーフ。

…なのか?w

 

 

今のパソコンになってからタイプミスを結構するんですよね。

以前はMacBookの12インチでした。
世間からは不評だったキーボードですが、私にはあれが使いやすかったんですよね。

13インチにしてから この短い指ではどうも打ちにくくて・・・と、まぁ、言い訳しておきますw

 

 

さて、「ほうけい」という言葉、実はいくつか漢字があるみたいなんですね。

パッと思いつくのは、あの「包茎」
それはパソコンも同じだったようで、即座に包茎と変換されていた。

 

でも、こんなに漢字があるらしい。

ご丁寧に意味も出てきてくれておりますw

 

あまり漢字変換に優れた印象がないmacですが、こんなにある中からどうしてそれを選んだよ?常用なんてしてないんだけどなぁ…

 

 

 

さて、中国も漢字圏のお国ですが、中国語で包茎は「未切割」というみたいです。google先生によるとね。

なので、学生さんには伝わってないかな?

・・・たぶんw

 

 

 

ということで、「たまにやらかしてしまう」そんなお話でした。

 

これを書きながら「包茎」と打ちまくっているので、予測変換機能は学習してしまったようです。泣

 

 

 

レッスンは復習用に録画されているw

 

 

 

こんな調子ですが1年続いていますw

日本語オンライン講師を始めて1年。
こんにちは、シャトーブリアンです。 日本語オンライン講師になって、ちょうど1年が経ちました。もう1年かぁ。 さてさて、1年経ってどんなものなのか。 オンライン講師を初めて1年 昨年の3月から日本語のオンライン講師を始...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました